管理栄養士による健康レシピ 疾患別にレシピを公開しています 管理栄養士が考えた、腎臓病患者さんの食事・透析患者さんの食事レシピを公開しています。ご家庭での調理の参考にしてください。

«前のレシピを見る 次のレシピを見る»

2014年05月 【透析食】

海苔が大変身♪

今月はレタスを使用した卵料理です。
4月~6月が旬のレタスは、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んだ野菜です。生で食べることが多いレタスですが、加熱するとカサが減るため、栄養分をたくさん摂ることができます。
味が淡泊なので、他の食材と組み合わせると良いです。特に油との相性が良いので、シーチキンともよく合います。
味付けに使用している海苔は、ふやかすことで風味が増し、旨味もまんべんなく行きわたるため、塩分制限に役立ちます。
また、ソースも塩分が少なく、エネルギーアップにもオススメです。
卵で美味しさをとじこめたボリューム満点のメニューです。
包丁を使わず、家にありがちな食材で作ることができる簡単レシピなので、ぜひ作ってみてください。

海苔浸しレタスの卵とじ <主菜(卵)>
海苔浸しレタスの卵とじ写真

栄養価(1人分)

エネルギー(kcal) 215
たんぱく質(g) 15.3
カリウム(mg) 365
リン(mg) 234
塩分(g) 1.1
材料(1人分)

~卵とじ~

レタス 60g(大2枚分)
1個
シーチキン(油漬) 35g(1/2缶)
焼き海苔 3g(全形1枚分)
めんつゆ(2倍濃縮) 6g(小さじ1)
100g

~ソース~

トマトケチャップ 5g
オリーブ油 1g
作り方

~卵とじ~

  • レタスは大きめ(5cm角程度)にちぎって水にさらし、水気をきっておく。
    海苔は小さめ(1~2cm角程度)にちぎる。
  • 小鍋に焼き海苔、めんつゆ、水を入れてから火をつけ、沸騰させる。
    沸騰したら中火にし、海苔がふやけるように1分程度ぐつぐつさせる。
    ※途中箸でかき混ぜると形がなくなりやすい。
  • 2にレタスとシーチキンを入れて軽く混ぜ合わせ、蓋をして蒸し煮にする。
  • レタスがしんなりしたら、蓋をはずし水気をとばす。
  • 4の水気がほぼなくなったら、溶き卵を回し入れ、再び蓋をして1分程度煮る。
    〔今回は卵を加えた後、固めるために混ぜていませんが、軽く混ぜて形を崩しても良いです。〕

~ソース~

  • トマトケチャップとオリーブオイルをよく混ぜ合わせる。

【仕上げ】
卵とじを皿に盛り、ソースを添える。 

mixiチェック
他のレシピを見る

«前のレシピを見る 次のレシピを見る»

症状別でレシピを見てみる

腎臓病食

透析食

腎臓病食&透析食

『地元の食材を使った透析食』をテーマに、オリジナルレシピを実際に調理する「透析食レシピ クッキング&セミナー(バイエル薬品主催)」が全国展開されています。
大分県は、2010年12月に松山医院大分腎臓内科が担当し、セミナーが開催されました。
「透析食レシピ クッキング&セミナー in 大分」はこちら(外部リンク)
誠医会 松山医院 大分腎臓内科
プライバシーポリシー

Copyright ©2012 誠医会 松山医院 大分腎臓内科 all right reserved.